全国に点在する暴力団のWiki

概要

稲川聖城(いながわ せいじょう、本名:稲川角二)は、1914年(大正3年)11月13日生― 2007年(平成19年)12月22日没(享年93)は、指定暴力団稲川会初代会長。横浜市西区浅間町出身。

略歴

1933年(昭和8年)、神奈川県鎌倉郡片瀬町(後の藤沢市片瀬)を本拠とする堀井一家三代目総長・加藤伝兵衛?(加藤伝太郎)の下で博徒の修行に入る。ここで生涯の兄貴分となる横山新次郎?と出会った。
1941年、網島一家?(五代目総長・鶴岡政治郎?)の代貸になる。
1948年、静岡県熱海市で戦勝国となった不良達が横暴を極めた際、熱海を縄張りとしていた老舗博徒・山崎屋一家?の要請を受けた鶴岡政治郎?の命により熱海入りし不良達を制圧した。
1949年、山崎屋一家?総長・石井秀次郎?が引退すると跡目を継承し五代目総長になる、と同時に「稲川組」を結成。横浜の愚連隊だった出口辰夫?(通称・モロッコの辰)、井上喜人?吉水金吾?林喜一郎?(後の錦政会?理事長、稲川一家会長代行、稲川会会長補佐)を若衆とし(彼らは四天王と呼ばれた)、一気に勢力を拡大した。その後、稲川組を主体として、東海道地方の鶴岡政治郎?系の一家を集め、鶴岡政治郎?に因み「鶴政会?」を結成。
1963年、政治結社「錦政会」を結成。しかし、第一次頂上作戦の影響によって1965年に錦政会解散。
1965年、稲川組から「稲川一家」に改称。
1972年、「稲川会」に改めた。これを記念して稲川同士会?の唄が作られた
1985年、稲川会会長を横須賀一家五代目総長・石井隆匡(進)に譲り、自身は稲川会総裁に就任した。 同年に、竹中正久?四代目山口組組長の後見人を務める。
1989年、(昭和64年/平成元年)には渡辺芳則五代目山口組組長の後見人を務めた。
2006年7月19日、孫である稲川英希?の襲名式に参加せず、角田吉男?の四代目襲名式に出席。稲川会の分裂を防ぐ。
2007年12月22日、肺炎のために死去。93歳。

備考

この項目は書きかけ項目ですが、個人主観で勝手に変更しないで下さい。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

メニュー

編集方法

編集したいページを開くと[編集する]というボタンが表示されますので、そこをクリックするだけです。

新しいページの追加

各ページの上部に[その他]というタブがありそこをクリックし、その中の[新規作成]をクリックするとページ作成画面になります。

上記方法以外

上記の方法がよく分からない方は各ページの最下部に[コメントを書く]スペースがありますのでそこに編集や訂正・削除して欲しい内容を書いて下されば編集されます。

wikiの記法

個人情報の取り扱い

どなたでも編集できます

メンバー募集!