全国に点在する暴力団のWiki

所在地・概要

七代目合田一家(ごうだいっか)は山口県下関市竹崎町3-13-6に総本部を置く指定暴力団。3県、構成員は約60人(2019年末)。設立は2009年10月21日(11年目)。

略歴

名門「籠寅」の系脈を受け継ぎ、山口県下関市を本拠地に県下を中心に勢力を張っている。合田一家の結成は昭和二十三年で、歴史的には戦後派の新興博徒組織だが、その源流は、明治、大正、昭和と、九州の吉田磯吉?とともに稀代の侠客といわれた保良浅之助?籠寅組?の系譜を引く。保良浅之助?の父親は虎吉といって、魚を入れる竹龍づくりの職人であり、その屋号が「籠寅」であった。そしてこの屋号がのちの保良の異名となり、組織名となった。保良は時代の流れを先取りしながら次々に事業を拡張した。日露戦争直後の明治三十九年にトロ箱の製造拠点として山口県下関市に進出する。同時にヤクザ社会でも着々と地盤を固め、しだいに頭角を現わしていく。その保良がやがて興行界に進出。浪曲、講談、浪花節、芝居などを手がけ、関西各地で大きな劇場を経営するまでになる。興行のネットワークを利用しながら、その名が全国に浸透する籠寅一家?は、事実上、広域組織のようなもので、その組織力は日本のトップクラスだったと言っていい。保良が下関―韓国・釜山という海運業界の一大拠点に強力な地盤を形成していたこともあって、当時の流通業界にも大きな影響力を持っていたことは見逃せない。「籠寅が首を横に振れば、関釜の荷役は止まる」と言われるほど、保良の影響力は絶大だったというから、この点も港湾荷役事業で発展した山口組の姿と重なる。その後、保良はこうした力を背景に政界へと進出。それに伴い、ヤクザ社会から隠退し、実子である寅之助が籠寅二代目を継承、戦後、その系譜は合田幸一?初代総長へと受け継がれる。昭和二十三年のことで、このとき、合田総長は、「名誉ある籠寅の名跡をそのまま引き継ぐ上は、あまりにも恐れ多い」として、あえて籠寅の家名を踏襲せずに、渡世の跡目だけを継承する形で合田一家を興し、代紋も合田一家の代紋に変更したのだった。
1992年7月27日、山口県公安委員会から指定暴力団に認定される。
時は流れ、七代目末広 誠総長が誕生したのは、平成21年10月20日のことである。合田一家では同年8月26日に先代である温井完治?六代目総長の引退が発表され、その跡目に末広総長が指名されており9月5日には盃直しの儀式も執り行なわれていたのである。後見人は六代目山口組高山清司若頭。取持人は五代目共政会守屋 輯?会長(名代・石井謙二?会長代行)。媒酌人は極東会会長補佐の山本達三?五代目松山舎弟。

合田一家系譜

初 代 - 合田幸一?籠寅組?、関門の鎮台)
二代目 - 浜部一郎?浜部組?組長、元共政会相談役)
三代目 - 浜崎 彰?浜崎組?組長)
四代目 - 川崎友治?川崎組組長)
五代目 - 山中大康?(三代目小桜組組長)
六代目 - 温井完治?温井組?組長)
七代目 - 末広 誠(四代目小桜組組長)

七代目合田一家組織図

総 長 - 末広 誠

執行部

若 頭 - 新井鐘吉?(五代目小桜組組長)
本部長 - 片山洋二郎?(三代目一松組組長)
幹事長 - 皿田正信?(二代目岡村組組長)
組織委員長 - 砂田信一郎?砂田組組長)
渉外委員長 - 那須三四志?三四志組組長)
風紀委員長 - 金ヶ江二郎?(五代目小桜組若頭・二代目新井組組長)
慶弔委員長 - 阪本 絋? (二代目中川組若頭・阪本組組長)
事務局長 - 金子正守?金子組組長)

直轄(直参)

竹本敬也?(二代目椎木組組長)
日下正安?日下組組長)
上田忠義?上田組組長)
石津一彦?(六代目甲斐組組長)
吉田光彦?(二代目岡村組舎弟頭)
橋村泰志?(三代目一松組若頭)

十五日会(幹部)

中野 実?(五代目小桜組舎弟・本家総長付)
江口竜也?(三代目一松組本部長・総長付)
山川辰士?(二代目岡村組本部長・総長付)
松本雄太朗?砂田組若頭・総長付)
西 充?三四志組若頭・総長付)
池本尚幸?(二代目岡村組若頭補佐)
柳川与和?(二代目椎木組若頭・総長付)

舎弟

早田芳雄?(二代目中川組組長)
大藤相介?(二代目阿部組組長)
成田清郎?成田組組長)
下川吉春?下川組組長)

備考

この項目は書きかけ項目ですが、個人主観で勝手に変更しないで下さい。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

メニュー

編集方法

編集したいページを開くと[編集する]というボタンが表示されますので、そこをクリックするだけです。

新しいページの追加

各ページの上部に[その他]というタブがありそこをクリックし、その中の[新規作成]をクリックするとページ作成画面になります。

上記方法以外

上記の方法がよく分からない方は各ページの最下部に[コメントを書く]スペースがありますのでそこに編集や訂正・削除して欲しい内容を書いて下されば編集されます。

wikiの記法

個人情報の取り扱い

どなたでも編集できます

メンバー募集!