全国暴力団Wiki - 吉良博文

概要

吉良博文(きら ひろふみ)は、1957年3月18日生(64歳)は、指定暴力団二代目親和会会長。
六代目山口組伊豆組相談役・二代目光生会総裁の光安克明と五分兄弟分。

略歴

1984年(昭和59年)5月15日、三代目山口組小田秀組?・四代目中津川組幹部らに親和会幹事長篠浦茂夫?が射殺されたことに端を発した新高松抗争?において、同年5月26日に親和会幹部・西村辰也?と共に四代目中津川組幹部2人を射殺した。この事件により懲役18年の服役を余儀なくされ2002年(平成14年)に社会復帰をした。
2007年(平成19年)9月20日、神戸市の山口組本家で六代目山口組幹部・光安克明と兄弟盃の儀式を執り行う。

備考

この項目は書きかけ項目ですが、個人主観で勝手に変更しないで下さい。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。